大学三年生の頃から、私も就職活動を行いました。

大学の先輩方が就職された企業のファイルを参考にすることもありましたし、企業へ直接資料請求をしたこともありました。

もちろん合同説明会にも参加しました。
合同説明会では、多くの企業が参加される一大イベントだと言えますが、人気の企業は長蛇の列で、話を聞くだけでも一苦労でした。
しかし参加して良かったことがたくさんありました。

今、注目の合同説明会の珍しい情報をご紹介しています。

まず一つ目ですが、全く知らなかった企業のことを知るきっかけができたことでした。無名の企業でも、意外と自分に合った職種があることもあり、今まで見向きもしなかった業種を検討する機会を与えてくれました。
そのため、金融関係に興味がなかった私でしたが、最終的に金融関係に就職することになりました。このようなこともあり、説明会に参加することはとても重要だと思いました。

二つ目ですが、ある企業の説明会に参加をし、2度目の説明会にも参加したところ、受付担当の方に引き留められたことがありました。


その際に伝えられたことですが、会社の受付として採用する用意があるので、もし良ければ入社してくださいとのことでした。

まだ試験も何も受けていなかったので正直かなり驚きました。
結局この企業には入社しませんでしたが、こういった採用方法も実際にはあるのだなと思いました。

本当に役に立つ合同説明会に関するご質問を解決いたします。

もう一つ良かったことと言えば、やはり企業の仕事内容などをしっかりと理解できることでした。

話を聞いていると自分が想像していた仕事内容とは異なるところもあったので、そのようなときは事前に聞いておいて良かったと思いました。

合同説明会に参加するとこのようなメリットがありました。